ホーム >> 企業情報 >> 沿革

ご挨拶

1963年11月揖斐川電気工業株式会社が株式会社ナカシマの池田工場を購入し、メラミン樹脂の加工部門として資本金1,000万円で揖斐川樹脂株式会社を設立
1964年10月発泡スチロールの製造販売を開始
1965年 4月社名を揖斐電樹脂株式会社と改称
11月発泡スチロール製造施設を増設
1969年12月メラミン食器の事業撤退
1971年 4月合成樹脂押出製品の製造設備を新設し、合成木材の製造販売を開始
 資本金を3,000万円に増資
1972年 4月包装資材機器一般の製造販売を開始
1979年 4月自動車内装部品(オープニングトリム)の製造販売を開始
1982年 8月電子部品の穴明加工事業を開始
1985年 6月社名をイビデン樹脂株式会社と改称
1987年10月発泡スチロール製造設備の第一次合理化工事を実施
1988年 5月自動車内装部品の新工場が完成
7月資本金を6,000万円に増資
8月発泡オレフィンの製造販売を開始。主に自動車バンパーコア用として製造
1989年 3月発泡スチロール製造設備の第二次合理化工事を実施
1990年 5月本社事務所及び福利厚生施設を新設
1991年 3月発泡オレフィンの製造設備を増設
5月自動車内装部品の製造設備を増設
1996年 7月電子部品加工の新工場が完成
1997年10月富山県滑川市に北陸工場が完成
12月電子部品加工工場を増設(第1期)
1998年 8月発泡オレフィンの工場を増設
1999年 9月愛知県高浜市の石川合板跡地に衣浦工場が完成
2000年 1月産業廃棄物処分業(中間処理)の免許取得
 特別高圧受電設備を新設
2月産業廃棄物収集運搬業の免許取得
3月品質マネジメントシステムISO9002を認証取得
9月電子部品加工工場を増設(第2期)
11月本社に射出成形工場が完成。同品の製造販売を開始
2001年 6月大型液晶ガラス搬送用の発泡オレフィン縦型大型成形機を設置
2002年 9月射出成形工場を増設、設備の増設
2003年 5月品質マネジメントシステムISO9001、2000年度版認証取得
10月LNGを用いたコージェネ設備を設置
2004年 6月TPM活動をキックオフ
7月電子部品トレー用真空成形ラインを設置
9月衣浦工場にリサイクルマシンを設置
2005年 8月射出成形工場の増設
 発泡オレフィンのリサイクルマシンを設置
2006年 1月電子部品加工工場を増設(第3期)
12月社内ネットワーク・情報システムインフラの整備
2008年 4月C-TPMチャレンジ賞を受賞
2009年 6月環境マネジメントシステムISO14001を認証取得
2013年 3月労働安全衛生マネジメントシステムOHSAS18001認証取得
2013年11月創立50周年を迎え、ロゴマークを刷新

Copyright © 2013 Ibidenjushi Co.,Ltd.

イビデン樹脂が部式会社

岐阜県揖斐郡池田町白鳥360番地
TEL:0585-(45)-2405